びいどろ浪漫

おしろい
白粉うすくはたいてあげよう
口紅すこしひいてあげよう
        べべ
山吹の紬の着物きせてあげよう
萌黄の細帯むすんであげよう
      じょじょ
朱い鼻緒の草履はかせてあげよう
撫子の柄の巾着もたせてあげよう

角の店で
かんざし買って挿してあげよう

祭りでは
桃色のかざぐるま買ってあげよう

べっこう飴やわた菓子買って
金魚すくいや当てものもさせてあげよう
        びいどろ
君の好きな硝子細工の
ポッペンやバンビも買ってあげよう
 はやし
お囃子が聞こえてきたよ
行こうか ほら手を握れ

黒い瞳をきらきらさせて
恥ずかしそうに僕を見あげる

毀れそうにきれいな君は
僕のびいどろ 僕のびいどろ

いとしくていとしくて
君を毀さず愛するのには

僕は いったい 僕は いったい
どうすればいいのだろうか
           


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX