おまえを抱いて揺するとき
なぜ私は涙をこぼすのだろうね
おまえを抱いて昇りつめるとき

はらはらはらはらはらはらはら

おまえの首やら乳房の上に
なぜ私は涙をこぼすのだろうね
おまえの腰やら太腿の上にまで

はらはらはらはらはらはらはら

おまえと出逢った頃のこと
おまえと過した日々のこと
おまえといつか別れること

はらはらはらはらはらはらはら

この世に私が居なくなれば
気が狂うわとおまえは云う
あの世になんか行けるかよ

はらはらはらはらはらはらはら

おまえを抱いて はらはらはら
しずかに泣いて はらはらはら
はらはらはらはらはらはらはら            


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX