掠奪


ひとりの男を不幸にし
ぼくは君を手に入れた

人を傷つけることを恐れ
人と諍うことを避け
謙虚さと良識を盾に
こころ穏やかに生きてきた
できれば密かに息をする
植物のように存在したい
そう願いつつ今日まで生きた

ひとりの男を孤独にし
ぼくは君を手に入れた

喜ぶことなどできようか
勝ち鬨をあげ意気揚々と
君を連れて引き揚げるなど
そんな気にはさらさらなれない
善良で不器用な男から
平凡でつましい家庭から
君を奪ってしまったのだから

うなだれる彼 うつむく君
ぼくは何も言葉がない

ひとつだけ誓わせてくれないか
おそらく ぼくは君たちよりも早く逝く
初めて告げるが本当だ
その日が来るまで罪を背負い
君を愛して生きていく
だからそれまで愛してくれ
ゆるやかに進行しているこの病
ぼくの命を食べ尽くすまで

ぼくがこの世を去ったなら
ふたたび彼を愛してくれ
ふたたび彼に愛してもらえ

さあ行こう
どこかで密かに息をして
植物のように静かに生きよう


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX