流線形の愛


くらり
君の素顔にぼくはぞっこん
はらり
君のおくれ毛ひとすじ落ちて

するり
ぼくの腕をすり抜けて
ひらり
ぼくの焦りをひとっ跳び

つるり
冷たい氷がぼくの舌で
ひやり
ぼくの口から君の口へ

ふわり  
君のゴムまりぼくの手のなか
さらり
気のきく台詞でも

ぬるり
ぼくの指は君のなか
ぬめり
ぼくは君の奥ふかく

ゆらり
ぼくらは波の上
ほんのり
君はほほ染めて


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX