感 傷 的(センチメンタル)


燃えたあと 萎える僕
汗ばむ肌あわせたまま
流れるサティ聴いている

涙こぼれ 女に伝う
驚いて僕を抱きしめ
「なぜ」と女は僕に尋ねる

僕は何も答えない
しばらく泣かせてくれないか
このまま抱いててかまわないか
ジムノペディを聴いていよう


運命を操る神が居るのなら
僕は素直に祈りたい
一日だけでいい
たった一日だけ君より長く
僕に命を与えて欲しい
あとは何も望まない


肉体は必ず滅ぶ
この避けられない真理がいつか
僕らの間を引き裂くのなら
せめてものお願いだ
僕に君を送らせてくれ
残して逝くのは忍びない



今日はどうかしているね
きっとこの曲のせいなんだ
こんなことを考えて
男が落涙なんかするなんて
センチメンタルになるなんて   


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX