好きな女は


好きな女は
いろんな粥を炊いてくれた
胃腸が弱い私のために

好きな女は
カフェオレを淹れてくれた
胃弱のくせコーヒー好きの私のために

好きな女は
おんぶをして居間を歩きまわった
ときどき子供になる私のために

好きな女は
両掌で指を暖めてくれた
指先がいつも冷たい私のために

好きな女は
実物よりハンサムに私を描いた
ナルシストを自称する私のために

好きな女は
二本のマフラーを編んでくれた
家の中でも寒がる私のために

好きな女は
庭に大きな雪だるまを作った
彼女が帰れば寂しがる私のために

好きな女は
ネックレスをして微笑んだ
気に入るかと心配顔の私のために

好きな女は
シャツやネクタイを誂えてくれた
トランスヴェスタイトの私のために

好きな女は
私の腕のなかで桜色になり悦んだ
男として満たされたい私のために

好きな女は 好きな女は

好きな女は
数えきれない思い出に埋もれ
私が毎日泣いていることを知らない

好きな女は
もいちど切ないほど愛するために
私が離れていったことを知らない

    ※トランスヴェスタイト……異性装者


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX