秋のトルソ


するりとブラウス流れおち
しめつけるものを外したら
ブラインドから西陽が悪戯
きれいだね ほら縞もよう


しめやかに
しなやかに
君のトルソは息づいて
ひめやかに
ひそやかに
君のトルソが波うって


おりなす光と影もよう
君のトルソに縞もよう
そのまま君の心のよう


君ほほえんでゆらめいて
君の明暗ぼくは抱きしめ
ぼくの背中にさえぎられ
秋のトルソが翳りゆく

※トルソ……(トルソー、頭や手足のない胴体だけの彫像)
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX