甘噛み


敷布のうえは白い海
髪を両手でまとめあげ
コケティッシュに微笑んで

そんな艶っぽいしぐさ
ほかの男にしてみろよ
タダじゃ済まないんだからな


抱かれたいのか
科をつくってそそるのかい
自動スイッチ入っちまうぜ

惹きよせられて海のうえ
おもわず後ろから抱きしめる
折れそうに薄い躯はかなくて

きみのうなじ しろくほそく
黒髪がはらり さらさらと
ぼくは甘噛み 猫のように


抱かれたいのか
そんな媚態たまらないぜ
自動スイッチ止まらない

惹きよせられて波のうえ
おもわず重なり抱きしめる
毀れそうに細い躯せつなくて

きみのちぶさ しろくまるく
乳首かわいく あいらしく
ぼくは甘噛み 猫のように


きみの躯やさしく噛み
きみの花びらおし開き
愛慾の海にぼくは溺れる


※甘噛み(あまがみ)……犬や猫などが軽く噛む愛情表現のこと。
※敷布(しきふ)……敷き布団の上に敷く布。シーツ。
※コケティッシュ(couquettish)……なまめかしいさま。男の気をひくさま。
※科(しな)……愛敬、嬌態。
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX