餓 鬼


食われていいなら
ここへ来い
それでもいいなら
来るがいい

知っているのか
私は餓鬼
おまえを食うぞ
とって食うぞ


長い黒髪つかみあげ
つややかな肌を舐め
やわらかな肉を囓り
骨をしゃぶり噛みくだく

現身のおまえから
前世のおまえ
来世のおまえ
あますところなく食い潰す


それほど好きなら
ここへ来い
恐れずともよい
来るがいい

こんな私をなぜ好いた
みれんは何ものこさぬか
私に食われ尽くしても
悔いることは何もないか


私は餓鬼
醜い姿で
愛の飢渇に苦しみながら
さまよい歩く哀しき亡者

それでもいいなら
来るがいい


※餓鬼……悪業の報いとして餓鬼道に落ちた亡者。やせ細ってのどが細く飲食することができず、常に飢えに苦しむという
※現身(うつしみ)……現世の人の身、生きている身。
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX