悲 恋


出会ったときすでに
あなたのそばにはあの人がいた
わたしはずっとひとりぼっちで
誰かをもとめて歩いてきたのに

あなたが悪いわけでもなく
わたしが悪いわけでもない
あの時しか出会えなかった
それはただ運命のいたずら


誰もわたしに教えなかった
恋がこれほど苦しいなんて
泣いて泣いて泣いて泣いて
それでも想いは絶ちきれない

今はただ
あなたの幸せ祈るだけ
この世にあなたが居るだけで
生きていけるとわかったから

むくわれなくてもかまわない
悲しい恋でもしないよりいい
わたしはここであなたのことを
死ぬまで抱きしめ息をしている
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX