膝 枕


君の膝枕でしばしうたた寝
ぼくの髪を梳く指の動きここちよく
目をあければ君の胸
手をしのばせて思わず掴む
夢か現か 現か夢か

君のたわわな乳房の下で
ぼくはまるでご機嫌な赤ん坊
両掌で弄び
乳首に吸いつき噛み嘗める
夢か現か 現か夢か

この世に生まれて数ヶ月
そんな頃の記憶はないが
こんなふうに満たされて
よろこびやすらぎ眠っていたにちがいない
夢か現か 現か夢か

あなたが居てぼくが居て
いつまでたっても大人になれないぼくが居て
うたた寝の膝枕ここちよく
つくつく法師の声もの哀し
夢か現か 現か夢か


※現(うつつ)……現実のこと


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX