渇愛


舌を押しこみ
おまえの舌をさぐる

もとめあう舌と舌
からみあう舌と舌


脱がせることさえもどかしく
せわしなく外すブラウスの釦

やわらかな乳房まさぐり
もみしだきすいあげる

言葉ひとつ囁きもせず
あとはあえぎよがりあい
突きあげ ゆすり 放つだけ


我 凡夫
五欲にまみれ
渇しておまえ求めてやまぬ一介の衆生



※渇愛……(仏)渇として水をほしがるように
凡夫が五欲に愛着すること。

※凡夫……(仏)煩悩に束縛されて迷っている人
※五欲……(仏)五官(眼・耳・鼻・舌・身)に対する欲望
※衆生……(仏)生きとし生けるもの。人類・動物など一切の生物
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX