恋人たち


ぼくに無いものがおまえにある
たとえばペニス
わたしに無いものがあなたにある
たとえば乳房

ぼくらのからだは間違っている
わたしたちのからだは逆であればよかった
それなら何も問題はなかったのに

それでもぼくはおまえを愛した
わたしもあなたが死ぬほど好き
臆することなど何もない

ふたりのこころを大切にして
ふたりのからだを治しながら
こころにからだを合わせよう

おまえが居るから もう何も
ぼくは何も怖くない
あなたが居るから もう何も
わたしは何も隠さない

おまえと出会い
あなたと出会い
偽らないこころで愛しあえる

生きようね
おまえを妻と あなたを夫と
認められる日を夢にみて

生きようね
かならず幸せになろうよね
せっかく生まれてきたのだから


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX