くちなし


おまえに会いたくて
ぶっとばす真夜中のアスファルト
ウィンドウから
突然の強い香り

甘い匂いに
むせかえり
息がとまる


湿気をふくんだ風
なまぬるく
雨になりそうな空
おもくるしく

烈しい情慾
にえたぎり
心がはやる


くちなし くちなし
汝なにゆえ
息ぐるしきほどつよき香り
白きかんばせより放たんや
我がこころ
掻きみださんがためか
くちなしよ


会いたくて
ぶっとばす真夜中のアスファルト
もうすぐおまえの眠る街
アクセル踏みこむぼくの右足

 ※かんばせ……『顔』のこと


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX