獏のように


きみの悪夢を食べてあげよう
そしたらきみは嫌なことを忘れ
幸せになれるかもしれない
だから食べてあげようね


きみの虚栄も食べてあげよう
そしたらきみは解放されて
楽になれるかもしれない
だから食べてあげようね


それから執着 そして悔恨
悲哀 憎悪 焦燥 絶望
きみを悩ます劣等感もだ
ひとつひとつ食べてあげよう


食事の最後はきみが焼いた
ジェラシーケーキ
獏のように食べてあげよう
ラズベリーソースでもかけて
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX