おとしあな


おまえって
抱かれじょうずだったんだ
いいね その声 その表情
なんだよ ちっとも知らなかった

いいね この肌 この陥穽
おまえって
そんなに僕を待っていたんだ
なんだよ それなら早く言えよな


遊んでるでしょと訊くのなら
否定はしないけれどもさ
人が思うほど好き者じゃない
さびしがり屋なだけなんだ

かんべんしてくれそのことは
それより濡れろ それより燃えろ
きのうのことも あしたのことも
何もかんがえずに抱かれて溺れろ


今がすべて 今がいのち
夜あけまでも愛しあおうぜ
じょうずに嵌ってやるからな
おまえが仕掛けたおとしあな


※陥穽(かんせい)……おとしあな。人を陥れるはかりごと。
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX