悲しいね


君ひとりかい
ええ そうよ
踊らないかい
ええ いいわ

ミラーボールくるくる廻り
80年代にタイムスリップ

なぜひとり
悲しいから
なんだぼくもだ
似たもの同士ね

名まえも知らない君とぼく
心のなかまで語らない

悲しいね 悲しいわ
それだけ言って抱きあい踊る
君の目には涙がいっぱい
ぼくもサングラスの奥で泣く

悲しいね
悲しいわ
その悲しみが同じでなくても
肌あわせてもいいんだよね

今だけ悲しみなぐさめあえる
名まえも知らない君とぼく

悲しいね 悲しいわ
ただそれだけで抱きあう夜
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX