仔 猫


泣きながら手紙を書いた
もうやっていけないよと
はじめて僕から云う別れ
すぐに来た返事には
ありがとう さようなら


写真が同封されていて
猫を拾いましたとある
こんなときに云うことかい
また拾ったのかい
広くもないのに三匹めだぞ
何びき拾えば気がすむんだ


おかげで僕は泣くどころか
仔猫の写真を見て微笑んだ
ひと月あまりも悩んだのに
別れがどこかへ消えてゆく
また君に してやられたよ
僕は君に降参さ


近いうち
仔猫の顔を見に行くよ
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX