夢幻飛行


ジャズピアノのこの曲をかけ
あてもなく走りまわった
あふれる涙 とまらない


あの山の向こう
あの空のもっと向こう
あなたがわたしに笑っている

夢幻飛行
あなたが棲むところまで
飛んでゆけたら


夏空 くるしいほど蒼く
夏雲 かなしいほど白く
翼がはえた車が飛び立つ

この道が空へとつづき
あなたが居るところへと
導いてくれたなら


夢幻飛行
あなたに会いに
わたしひとりが空に飛び立つ
前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX