女たちよ


女たちよ  帰ってきたぞ
ようやくここへたどり着いた

私はひどく疲れている
風呂の用意はできているか

女たちよ  私を囲め
だれか私を抱擁せよ

私はずいぶん痩せてしまった
うまいものを食べさせてくれ

女たちよ 私を癒せ
だれか乳房をあたえてくれ

悲しみはまだ癒えていない
おさな子のごとく甘えさせろ


女たち  心やさしき女たちよ
その甘やかな香りで私を満たせ

女たち  いとしきおまえたち女
そのやわらかな身を私に捧げよ

かぐわしきおまえたちのそばにいて
ただ目を閉じていたいのだ

うちひしがれたこの身を横たえ
つかのま深い眠りにつきたい


女たちよ  私に尽くせ
髪をとかし 躯をさすれ

女たちよ  私を救え
その逞しさで私を守れ

せめて傷が癒えるまで
せめて涙がかわくまで

抱きしめていてくれないか
女たち 女たち 女たち


前の詩 次の詩

恋愛詩INDEX