水無月 右近 恋愛詩集
平成道行考

恋をしたことがある人へ
恋をしたいと思う人へ
狂おしい恋をしている人へ



HOME

■INDEX■

平成道行考 きみの部屋 なぜ 桜の精
あなたと踊る 薔薇の花 教えてあげよう やわ肌
びいどろ浪漫 恋人たち 雲海 月に棲む人
Nocturne 白日夢 俯瞰 抱かせて
今日は花 軋み 夢想心中 フリージア
腋窩 膚接 邪淫 雨の物語
感傷的(センチメンタル) おまえでよかった 百回の別れ 夏の終わり
昇り竜 傘の中 もうすぐ 秋雷(しゅうらい)
愛にまみれて 女よ さくら空 晩秋
あなたの指 寝物語 花冷え 桜の陥穽
紅い花 (しるべ) おとしあな メバル
愛してくれ 七夕 花がら摘み
受話器 聞かせて 鋼(はがね)
あなたに会いに 君をつまびく 五月の別れ
いしぶみ くちなし 仔猫
好きな女は 膝枕 くすのきの並木道
君の残像 別れのかたち あほんだら
恋三昧 (えにし) あとずさり
氷柱(つらら) この夏は 獏のように
(Kemono) 手淫 つゆくさ
掠奪 夏の一日 くちなし艶歌
コロンの香り 後ろ姿 息をのせて
会いたくて 口づけたくて 何も云うな
渇愛 (いかずち)
流線形の愛 悲恋 女たちよ
願はくは 長雨 秋茄子
Fragile(こはれもの) 七つの差 駆けてゆきたい
あかんねん 女誑し 御意
重なる 十三夜 愛さなくても
あなたを織る 秋のトルソ 夢幻飛行
淫らな構図 嬰児願望 君を抱く
せるしお 目覚め 湯あがり
あのなあ 餓鬼 悲しいね
桜の誘惑 惚れっぽい 千万本のバラ
せめて 甘噛み 聖夜に
桜子 僕のマリア 激愛