暗 渠 (あんきょ)


いきなり真暗闇に
まぎれ込んでしまったんだ
鉄板の蓋で隠されている下に
こんなものがあったなんて

はめ板が一枚ずれていたことも
すこしも気づかなかったんだ
地の底にまで堕ちたのかと
わけが解らなかったんだ


暗くて何も見えないし
叫んでみても響くだけ
ぼくの声しか返ってこない
膝まで水に浸かって冷たいよ

もしかしたらここは暗渠
どうすればいいのだろう
ぼくはこれからどうなるんだ
水滴がおちる音しか聞こえない

雨が降ると水かさが増し
鉄砲水でもやってくれば
その勢いに身をまかせ
どこかに運ばれるのだろうか


泣いていてもはじまらない
汚泥の悪臭がする土管の中を
流れに沿って進んでいけば
きっと光が見えて海に出る

ここは暗渠
立ち尽くしてもはじまらない
泥水に一歩ふみだし
歩きはじめることしかない


※暗渠(あんきょ)……おおいをした水路。灌漑・排水などのために地下に設けた溝。


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX