円筒形の棲家


両腕を水平にして一回転

半径約八十三センチ

高さ約百六十三センチ

その透明な円筒形のなかで

どぶんどぶんと波うつ性と死――


エロスとタナトス

一生かかってそれだけしか書けなくても

べつにかまわないじゃないか

いや、そのふたつが凄いんだ

眠れぬ夜に考えたこと


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX