春三月 春四月



三月 ――――
去りゆく君に おめでとう

人生は時に残酷
いくつもの出逢いをつくり
同じ数だけ別れをつくる

運命も時に残酷
天にも昇る気持ちにさせたり
奈落の底に突き落としたり

人生なんてそんなもの
運命なんてそんなもの

でも
負けないで

歓びは胸にしまい
哀しみは風に飛ばして
君たち歩き始めるといい

心を重ね
通りすぎた人びとのことは
きれいさっぱり忘れてもいい

でも忘れないで
君の笑顔
君の優しさ

その時どきに
君のまわりにいる人びとを
心をこめて大切にして

そしていつか愛するひとに
君の歩んだ人生や
君の背負った運命や
君の出逢った人びとのこと
寝物語で聞かせてあげて


四月 ――――
旅立つ君に おめでとう


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX