かもめ


かもめが飛ぶ夢をみる
そこは大好きな神戸港
あるいはサンフランシスコ
長崎 函館 大間崎
フィラデルフィアにリバプール


潮風が海の香りをはこび
私の髪をなびかせる
穏やかな港には波もなく
桟橋には舫い網でつながれた船

かもめたちは
ときどき海面すれすれに
低空飛行をして魚をとる
あとは気まぐれどこかへ消える


私は かもめ
いいえ そうじゃない
チェホフの戯曲にある台詞
口ずさんだりしている夢の中

かもめ かもめ ゆりかもめ
かもめ かもめ しろかもめ
おまえたちが羨ましい
空も海もひとり占め


この夢をみるときは
飛びたいのに飛べないと
それでもまだ飛びたいと
あきらめて溜息つくとき

思い出があってよかったと
五月の空と山をながめてわらう


※舫い網(もやいづな)……船をつなぐ綱


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX