酩 酊


口あたりの良さについ
呑みすぎてしまった冷や酒が
あれまあ まわってきやがった

はじめ ふわふわいいきもち
つぎに えんかのひとつでも
やがて うじうじなさけなく

酩酊 酩酊
ああ 酩酊

なんで生まれてきたのやら
なんで生きなきゃならないのやら
答がちっとも見つからず

はやい話がこの俺は
あした何をすべきなのかも
かいもくわからなくなっちまい

酩酊 酩酊
ああ 酩酊

どうでもいいや酔うが勝
湯呑みに冷や酒もう一杯


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX