何もない日


目がさめると雨の音
布団の上の猫も目をさます
うぐいすは今日も啼いている

小雨の庭ではチューリップ
花びらを落としゆくもの
これから咲くもの色とりどり


コーヒーの香りただよい
トーストが焼けた音
ハムエッグもいい具合

ジャズピアノの音色ながれ
キャットフードを食べる音
カフェオレもいい具合

しなければならないことは無く
だれと言葉をかわすことも無い
外は静かで穏やかな春の雨の日


心しずかな日には幸せ
心に何もない日は幸せ
365日こんなだといい

猫たちは不機嫌だけれど
苺ジャムのツブツブを
奥歯でここちよく噛みつぶす日


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX