螺旋(らせん)


晩秋をむかえた今ごろになって
去年のカレンダーを処分しつつ
くるくると一年を綴じて束ねた
このスパイラルはどうしたものか

わたしの指のちからでは
一枚ずつ破くのがよかろうかと
表紙を破くと身の丈のばし
なごりおしげに離れまいとする


伸びたらせんは ばらばらと
逆らうことなく ばらばらと
音をたてて穴から外れる
最後のひと穴にも執着せず
潔くも姿をかえゆくらせんらせん
勝利を誇るわたしの右手に
完膚なきまでに伸ばされたらせん


用をなさぬおまえは哀れ
だが かくも圧力に抗ってみせるのか
床の上であざなえる細き鋼は
生と死を拮抗させてのたうつ蛇のごと

去年の日々は燃やして灰にするとしても
捨てるに忍びない長さになってしまった
おまえの生きのびる道を探ってみようか


※スパイラル……spiral 螺旋(らせん)


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX