私の人生


山もなく谷もなく
私の人生は平凡で
なんの変哲もなく地味すぎて
退屈きわまる平坦な道だった

けれども近ごろ
独創的で個性的
多分に数奇でかなり派手めで
進歩的になりつつある

完治しない病気をさずかり
裏切りにあい鬱病もちに
性も揺らいで息ぐるしいから
仕切りを外してヒトに戻った

縛られていたものは何だ
囚われていたものは何だ
世間だとか常識だとか
ついてしまった分別だとか


あるがままの私で息をし
思うがままの私で生きる
これは急進的で画期的
今後は心地よきことこのうえなし

愛し愛される人びとと
心を尽くし重ねあい
数えきれない思い出をつくり
抱えきれない言葉を遺し

よくぞこの世に生まれけり
わが人生は薔薇色なりと
日々かみしめて生きたなら
私の人生 何も悔いなし


前の詩 後の詩

さみだれ詩集INDEX