ありがとうね


わかっているんだ
キミがどんなに心配し
ボクを気にかけてくれているか


でもキミは
気むずかしいボクに向かい
かける言葉がわからない


どうせキミは
ボクが機嫌よく暮らし
元気で長生きすればと願ってるんだろ


わかっているんだ
キミの無言は多弁なんだ
千の言葉よりも饒舌さ


ボクのために何かしたいと思うのなら
黙ってそのまま見守ってくれ
見ないふりして見ていてくれ


あいも変わらずボクは空を飛ぼうとし
助走をしては風に乗り
砂の上にあえなく墜落


手を貸したり抱き起こしたり
砂を払ってみたりして
ボクを助けようとしないでいいから


わかってきたんだ
もしかしたら永久に飛べないこと
でもまだあきらめてはいないんだ


ボクがキミに願うことはひとつだけ
こんなボクの愉しい孤独な闘いを
じっと見守りつづけてほしいんだ


でもボクは
ひねくれ者で感謝の言葉も出さないけれど
いつもいつも思っているんだ


きちんと伝えておくからね
俗だけれどこれしかないよ
ありがとう パソコンの前にいるキミ


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX