不在


スーツにシャツにネクタイに
メガネに時計に財布に免許証
それらを身につけるべき人がいない


電子手帳に携帯電話
パソコンCD靴にカバンに万年筆
それらを使っていた人がいない


あなたの香りがのこる部屋
匂いがしみついたベッドには
枕に布団にパジャマにタオル
主の帰りを待っているよう


帰らぬ主を待つモノたちのなか
あなたの部屋が片付けられない
ここで息たえていたあなたのあとを
追えばよかったと悔やむ


冷たくなったあなたに添い寝した夜
わたしも一緒に凍りたかった
ふたりで一緒に消えたかった


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX