感受性なんか


豊かですね 強いですね
それは誉め言葉として与えられるが
受けとる側に現実味はない
感受性というものには
色も匂いも形もなく
重さもないので存分に持つ証はない


なぜ人はこの話に平然としているのか
私は胸うち震わせて感動するけれど
そう訝しく思うことは多々あるが
よくもそんな言葉が吐けるものだと
怒りよりも悲しみに傷ついてしまい
打ちのめされることも多々あるが


それらに耐えない感受性とやらを
ラッピングされリボンをかけられ
生まれついて贈られたとて
そんなものいらない
豊かであっても強くても
生きてゆくのに邪魔になるだけ


感受性なんかいらない
そんなものより欲しいものは
世の中を足ばやに通り過ぎ
自分のことで精一杯の人びとに
どんな悲しいことでも隠した笑顔で
「こんにちは」と明るい声がかけられる力


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX