共感共苦


病いに苦しむ人が云った
たとえこの苦しみがわからなくても
わかろうとしてくれることが伝われば
それが半減するのだと


そのとおりだと私もおもう
おなじように感じることはできずとも
苦しみを分けてほしいとねがう心
その呟きを聞きとりたい


それが耳にとどけば苦しみは
ふしぎなことに半減している
その言葉は声にあらわれずとも
ふしぎなことに聞こえてくる


余命いくばくもない人が云った
言葉はいらない 何もいらない
透きとおった風のような人が
そばに寄りそうだけでいい

そのとおりだと私もおもう


前の詩 次の詩

さみだれ詩集INDEX