真夏のクリスマス 五首





何度でもきて真夏のクリスマス
きみが祈る

夜蝉啼く庭星空みあげ









ケ|キの前で肩だきよせて
きみと祝う生まれた日に撮るツ|ショット




一歳ぶんをふんぞり返る
きみとのあいだ年の差ひとつふやす日は

ぼくを創ったことへの感謝
きみが云う天国の父と病める母に


またふえるシャツ色とりどりに
きみからの開けずにわかるプレゼント

前の短歌 次の短歌

短歌集INDEX