真ん中 五首




魅せられたのは たましひにだと
わたくしが いずれの性でも愛したと





男と女で 違わぬものを





たが
人としてするべきことも べからずも



ひとつの性 が息苦しいだけ
女をこばみ男をねがうわけでなく

あなたの見える性にてOK
人が見る  あの人男
?あの人女

どちらでもあり流れるままに
男でも女でもなき性さずかりて

前の短歌 次の短歌

短歌集INDEX