秋 冷 五首




シュルレアリズムの詩集ひもとく
秋冷に布団すっぽり被りをり


舞いちる言の葉ひらひらおどる
わたくしは現世で最高の人なりき


メランコリにならないために
秋の夜の雨はげしくて爪を切る  

黄色のじゅうたん掬ったあの人
もみじより いちょうの色が好きなのと



どこで何して誰を愛して
秋月夜
 見上げて思うはかの女














おんな

前の短歌 次の短歌

短歌集INDEX