病(やまい)五首


元気な頃の話だと嗤う
楽しげに 話したあとに走り雨


命なりけりこれがわたくし
半錠のステロイドにて 生かされる
熱き血潮に病ありとは
見た目には
なんら人とは変わらぬに


いま飛び立たん 芭蕉ならずとも
ベッドにて 夢かけめぐるは見果てぬ枯野 かれの
熱き心に言葉をやりて
病きて
熱き額に手をやりて
やまい

前の短歌 次の短歌

短歌集INDEX